インプラントは、歯の補綴法のひとつです

インプラントは、歯の補綴法のひとつです

歯の欠損はデメリットが多いです

歯やあごが欠損したり、失われたりしたときに、人工物で補うことを歯の補綴法といいます。クラウン、ブリッジ、入れ歯または義歯、インプラントなどの方法があります。

歯の欠損をそのままにしておくと、まず見た目が悪いです。初対面の人などは、その人の内面を知らないため、どうしても外見で判断することになります。そのときの第一印象を悪い印象にしてしまいかねません。

また、かむ力が弱くなり、かみ合わせを悪くするため、歯周病を進行させます。

インプラント以外の補綴法は3種類あります

クラウンという補綴法は、1本の歯の全体を金属やセラミック、プラスチックなどの材料でかぶせる方法です。保険治療ができない場合もあるので、注意が必要です。

ブリッジは、歯が1本から2本欠損したときに使われる方法です。隣り合う歯が丈夫で、そのほかの欠損した歯が少なく、歯周病がそれほど進行していないときに適応されます。

入れ歯は、欠損した歯を支える歯が片側しかないときや、歯骨が広い範囲で失われているとき、多数の歯がないときに適応されます。

インプラントは人工歯根ともいいます

インプラントは、人工歯根ともいい、人工の歯をつくる方法です。歯が欠損したところに、インプラントを埋め込みます。材質は、チタンなどです。骨に固定するまで2か月から6ヶ月待ちます。そのあと、土台の上にセラミックなどで人工の歯をつくります。

自然な歯並びが得られ、自分の歯に近い感覚でかめるため、食べ物の味が損なわれません。

しかし、人によっては、歯とかみ合わせが悪く、違和感や痛みが長期間続くことがあります。

インプラントとは、歯の欠損箇所に人工歯根を埋める医療です。人工歯根の上に義歯を固定するため、残っている歯への負担を軽減できる特徴があります。三鷹のインプラント治療も行われています。