知っておきたい矯正歯科治療の実情

知っておきたい矯正歯科治療の実情

治療を拒ませる派手な矯正装置

矯正歯科の治療には、矯正装置を装着する必要があります。矯正装置の見た目は非常に派手ですから、装着すると人の視線が口元に集中してしまいます。その視線に悪意はないのでしょうが、矯正装置を装着している当人にとっては、決して嬉しい視線ではないはずです。つまり、口元に集まる視線は精神的な大きな負担になりかねないのです。そのことが嫌で、治療を拒否するという人も多くいます。しかし、現在は見た目が派手な矯正装置ばかりではないのです。

従来とは異なる矯正装置

現在では、部品の色を歯と同じ色にしたり、透明にしたりして装着しても目立たないような工夫が施されている矯正装置もあります。また、見た目は従来どおり派手なのですが、歯の表ではなく、裏側に装着するタイプの矯正装置もあります。このタイプの矯正装置ならば、目立たないどころか、のぞき込まない限り、装着しても見えることはないのです。その他にも、取り外すことができるマウスピースタイプの矯正装置もあります。マウスピースタイプは透明ですので、装着している時も目立たないようになっています。

美容だけではなく健康面にも有意義

このように矯正装置は進化していますので、従来に比べると治療環境は格段に良くなっています。矯正歯科の治療は、とかく美容効果が注目されがちですが、悪い歯並びは虫歯や歯周病、更には内臓の病気を引き起こす原因となりますから、健康面においても有意義な治療なのです。もちろん、美容効果が得られれば、精神面の健康向上にもなります。ですから、治療環境が良くなった今こそ、矯正歯科の治療を積極的に受けるべきだと言えます。

三鷹の矯正歯科では、歯並びの改善に効果的な治療を行っており、子供から大人までの幅広い人々が納得のいく治療を受けられます。